コンテンツ化された苦悩

憎み憎まれて生きるのさ

23歳ニートの人生がダメになっていくドキュメンタリーです

クリスマスをぶっつぶせ

彼らがそうまでして我々の心の平安を掻き乱すつもりならば、我々にも考えがある。我々も彼らの大切な一日をめちゃくちゃにしてやることができる。何が特別なのか知らんが、世間ではクリスマスイブは特別である。クリスマスイブに比べたらクリスマスイブイブは重要ではない。ましてクリスマス当日などはなおさら無意味である。クリスマスイブこそ、恋人たちが乱れ狂い、電飾を求めて劣等を驀進し、無数の罪なき鳥が絞め殺され、簡易愛の巣に夜通し立てこもる不純な二人組が大量発生、莫大なエネルギーが無駄な幻想に費やされて環境破壊が一段と加速する悪夢の一日と言えるだろう。彼らが信じ込んでいるものがいかにどうでもいいものか、我々が腹の底から分からせてやる。

 

太陽の塔』  森見登美彦

 

 今朝、私、目を覚ましますと、枕元に、夏みかんが、4つ、置いてありました。 おやおや、もうそんな季節かと思い、夏みかんを、4つ食べ終えると、思いきって、お布団の、外に、飛び出してみました。22歳、無職。訴えたいことが、無いんです。 メッセージの無い、演説家でございます。 私はね…普通に幸せになりたかったんです!普通の社会人らしくね…安定した収入が欲しかったんです。…こんなはずじゃなかった…

 

 最近、眠りが浅い。寝相が悪いせいで明け方近くになると羽毛布団がベッドから滑り落ちてしまって、掛け布団単体で寝ていると身体が寒くてたまらなくなって起きてしまうからだ。22年生きてきて、俺はまともに羽毛布団をかけて朝を迎えられないのか、と思うと情けなくて涙が出る。ぼんやりと起きてもう一回羽毛布団かけ直して寝てもすぐ朝になって全然寝た気がしない。その状態が寝るたびに何日も何日も続いてる。慢性的な睡眠不足のせいで昼間もずっと眠い。俺が寝ている間そばでずっと見張っていてずり落ちそうになる羽毛布団を捕まえて元に戻してくれるバイトを雇いたい。羽毛布団の捕まえ人。キャッチャー・イン・ザ・羽毛布団。

 

 俺は「職ない」「モテない」「外出ない」の3ない運動を守って規則正しく生活しているニートだけど、最近はそんな生活にもようやく慣れてきて心の平穏を手に入れたと思っていた。でも年末になってクリスマスが近づくとやはり憂鬱な気持ちになった。大学時代だったらこの時分は彼女と小沢健二の「ドアをノックするのは誰だ?」みたいな多幸感溢れる時間を過ごしていたはずだったのに、何の因果かあっさりと袖にされてしまって状況が裂いた部屋(自室の意)にこもりきりに。俺は世界から仲間はずれにされてしまったんじゃないか?手首切っちまう。ポアされちまう。どうせ俺がイブに家にいても録画してた天元突破グレンラガンの再放送を見返すくらいしかやることがない。世間の浮かれたカップルどもが合体してる時に俺はグレンとラガンが超絶合体してるのを見て、俺がグレンラガンがギガドリルブレイクしてるの見てる時に世間の男どもは股間のドリルで天元突破するんでしょうね。「俺を誰だと思っていやがる!」つって。いや俺はニートなんですが。

 

 この20数年間生きてきた中で、恋人と過ごしたクリスマスなんてほんの数年で、あとは家族と団欒を楽しんでいたわけで、じゃあそれが元に戻った所で落ち込む必要なんてないはずなのに。だけど、なんだこの胸の寂寥感。がらんどうになった心に乾いた風が吹き抜けていく。空洞です。そして何より親に「あんたイブ予定ないの?」って聞かれた時に見栄はって「あるよ」って言ってしまった自分がみじめで仕方ない。何ドヤ顔して「あるよ」とか言ってんだこのアホ。予定なんて何一つないのに出かけないといけなくなってしまったじゃねーか。親はまだ俺と別れてしまった彼女が続いていると思っているから、わざわざフラれたと説明するのも心苦しい。俺もつらいし、おそらく親もつらいだろう。大学まで出してやった息子が3ヶ月足らずで仕事をやめただけでもショックを受けただろうに、その上彼女にもフラれたなんてわざわざ落ち込ませる必要あるか?ないよ。こういう時の嘘は神様も見逃してくれる系の優しい嘘だからいいのだ。別れた理由聞かれたとして「性交渉の頻度で揉めた」とか口が裂けても親に言いたくないし、言ったとしたらすごく怒られそう。

 

なにも予定のないニートがクリスマスイブに何をするべきか

 

①風俗にいく

 心底どうでもいい情報だけど、俺は今まで風俗に行ったことがない。ポリシーがあるわけではないけど。北方謙三も悩める青少年に「小僧、ソープに行け」とアドバイスしていたじゃないか。彼女も去って破れかぶれの今こそ風俗デビューする時なのではないか?と自分の胸に問いかけてしまう。俺よ、自分の本能に正直に生きろ。勝手なイメージだけどキャバクラや風俗って「終着点」感がすごくて、それが俺を躊躇させる。お金を払わないと女の子に相手をしてもらえないのかって思うと悲しくなりそう。風俗行こうが行くまいが既に底辺なのにニートが何をカッコつけているんだ。

 

②友達と遊ぶ

 大学の同級生は社会人ばかりなのでわざわざ貴重なイブにニート遊んでくれないだろう。初めての冬のボーナスでちょっと背伸びして高いフレンチなんか予約したりしちゃってよ。ほんでもってティファニーのネックレスとか買ったりするんだろ?社会人は。それにひきかえ俺はなんだ。仕事を辞めてからご飯食べるお金にも困って8キロ痩せたニートじゃねーか。古谷実の漫画によく出てくるわこういうダメな奴。あゝ社会人の同級生がどんどん前に進んで行ってしまう。置いて行かないで。地元の友達なら院生とか浪人してまだ大学生のやついるけどそいつらも多分彼女と過ごすのだろう。こんなくだらないブログ書いてるけどクリスマスイブに何の予定もないことをリアルの知り合いに絶対知られたくない。繊細なんだよ俺は。

 

③エア彼女とデートする

 あえて彼女がいる体で1日行動してみる。恋愛なんて言うものは自分の理想やわがままを相手に投影してるだけの一人相撲に過ぎないから一緒に過ごすのが実在の人物かどうかなんて問題ではない。誰かと一緒になってもどうせいつか心が離れてバラバラになってしまうのだとしたら、最初から脳内妄想と恋愛していた方がましなのではないか。

 みなとみらいでショッピングして、横浜美術館行って絵見て、赤レンガ行ってご飯食べて、コスモワールドの観覧車乗って、そっから山下公園で夜景見てプレゼント交換して…俺に「ファイト・クラブ」並みの妄想力があれば、理想の女の子と会えるのに。俺の理想の女の子は飲んだ後に2人きりで夜道をダラダラ歩いてる時にTHE HIGHLOWSの「オレメカ」を口ずさむような女の子です。そんなシチュエーションがあったら絶対惚れてしまう。

 

④名画座に行く

現実的に1番ありえそう。ライムスター宇多丸曰く「打ちにいく」という奴である。大槻ケンヂの『グミ・チョコレート・パイン』の時代から文化系ボンクラ男子にとって名画座はパラダイスなのさ。

 

新文芸坐 

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」マンチェスター・バイ・ザ・シー

目黒シネマ 

ワンダーウーマンダンケルク

早稲田松竹 

「軽蔑 デジタル・リマスター版」「フェイシズ」

飯田橋ギンレイホール

美女と野獣怪物はささやく

キネカ大森

 バイオハザード:ヴェンデッタ「ゴースト・イン・ザ・シェル」  

 

イブにやってるのあんま観たい映画ないんだよな。もっと「エターナル・サンシャイン」とか「(500)日のサマー」とかそういう普通のほっこりする映画が観たい。特にキネカ大森はどうしたんですか。何でイブにバイオハザード攻殻機動隊なんだよ。カップル受け一切考えてないチョイスすぎる。もしかして俺みたいな根暗男が行きやすいようにあえてカップルが来ないような映画をチョイスしてくれてるの?ってレベルでクリスマス感ない。

 

⑤公園で遊ぶ

 時間潰しと言ったら公園。中学、高校の時から嫌なことから逃避する時は公園にいってたじゃないか。お金がかからないし、ノスタルジックな気持ちになれそうで良い。あの頃のイノセントさを俺は大人になるにつれてどこかに置いてきてしまったのかもしれない。でかくなったからこそ全力でジャングルジムやブランコで遊んでみたい。いま公園で遊べばまだ世界の善性を信じていた頃の純真さ、愛くるしさを取り戻せるに違いない。でも、イブに1人で夜の公園で遊んでたら普通に通報されそう。あと最近うちの近く暴走族が出るらしくて遊んでるときに見つかったら地獄だ。

 

⑥ナンパをする

 たった一夜の心の隙間を埋めるだけならナンパでいいのではないか。

 

「そうだ、手相…。手相、診てあげようか?…え!? ちょっと貸して。あぁ、違う違う 両方、り・ょ・う・ほ・う」

「ま、ちょっとね、触ってみてもいいよ…」

「 じゃあね、お金を使わないで幸せになれるやり方、教えてあげようか…」

「まずこうするじゃない、こうして、こうしてさ........、うん、ここにキスして...」

「僕はベッドの中じゃね、スゴイって日本じゃ有名なんだよ…」

「ふたりでさ…、こうやって……こうやって…、うん、こうやって…、うん、こうやって……革命起こそうよ…!!

 

⑦イブまでに彼女を作る

 寂しいクリスマスを過ごしたくないことへの解決策としてはこの上なくシンプルかつクレバーな方法である。実現不可能という点に目を瞑れば。彼女欲しくて気合入れてtinderを始めたけど職業欄にニートって入れたら誰ともマッチしなくなった。なんで?こっちは真剣に俺の人となりを分かってもらいたくて目もそむけたくなるような現状をあえてさらけ出しているのに、この男らしさを分かってくれる女性はいないんですか。あとtinderって謎に黒人多くないですか?俺の周りに黒人が特に多いだけ?4人に1人のペースで黒人が出てくる。なんとなくスワイプしてていきなりニッキー・ミナージュみたいな人が出てくるとちょっとびっくりしてしまう。ごめんなさい。

 

⑧待ちぼうけをくった男ごっこをする

 山下達郎のあの名曲をこの身をもって再現してみたい。繁華街の待ち合わせスポットに立ち続ければ、ある意味クリスマス気分を満喫できる。待つのは得意な方だからたとえ来るはずのない待ち合わせでも無限に待つよ。たまに電話かけるフリとか織り交ぜて。かじかんだ手をハーって吐息で暖めるやつ、似てる人が通りかかって笑顔で手を振りかけて恥ずかしそうに手を降ろすやつ、どこか不安そうな面持ちで空を静かに見上げるやつも外せない。雨は夜更け過ぎに雪へと変わってほしい。実際この待ちぼうけごっこやったとしたら終盤なりきりすぎて泣いてしまいそう。

 

⑨元彼女によりを戻してもらいにいく

 あまりに寂しすぎてこういう情けない発想にいたる。かつては小沢健二の「東京恋愛専科・または恋は言ってみりゃボディーブロー」のような日々を過ごした2人なのだから、まだやり直せる余地は残っているんじゃないか?でも数ヶ月の間全く連絡とっていないのでよりを戻してもらいに突撃したとして、新しい彼氏と鉢合わせなんてした日には自殺したくなると思う。そもそもあれだけボロクソに言われてフラれたのに平然と復縁を切りだせるメンタルがあれば、今俺はニートをやっていない。いつまでもこうやって過ぎていった恋にうじうじと囚われていたら前に進めない。さらば、俺の愛した女よ、新しい人と幸せな聖夜を過ごしてくれ。避妊はしろよ。

 

⑩樹海にハイキングに行ってみる 

 樹海は日本有数のパワースポットである。今の俺に必要なのは定職でも心の支えになってくれる人でもなく実はスピリチュアルなパワーなんじゃないか?いや変な目的じゃないよ。樹海ってほらマイナスイオンとか凄そうだし…癒されたくて。何?いや全然悩んでなんかないって。うん、携帯は失くしたら嫌だから家に置いてくよ。みんなによろしくね。あ、あとちょっと。もしね、もし仮に俺が帰って来なかったらね?いや仮の話だよ。ちゃんと帰ってくるって。もし帰って来なかったらお葬式の時には中村一義の「メキシコ」を流してください。じゃ。

 

 

LIFE

LIFE