コンテンツ化された苦悩

Boy neet Girl (そして人生は続く)

22歳ニートの人生がダメになっていくドキュメンタリーです

電車とかで高校生の会話を盗み聞きするのはたのしい

きょうはちゃんと就活をした

 

world-of-momoshiro.hatenablog.com

 

きのうはグループディスカッションにぼこぼこにされて「ニートになる」って書いたけど、今日も某社で集団面接があったのでちゃんと行ってきました。

 

就活まっさかりの大学4年生が今月受けたの2社だけってすこし少なすぎると思うけど、気にしないようにする。

 

今日の集団面接の結果はどうなんだろう。ほんとうに初対面の人が苦手なのでわき汗がすごかった。でも、たとえ落ちたとしてもしょうがない、という感じである。

 

こんな「落ちてもしょうがない」とか思って面接をうけてるからダメなのかしら。特に緊張すると早口になっちゃうのはどうにかしてなおしたいところだ。反省。

 

面接が終わった後の帰り道に、集団面接のグループで打ち解ける雰囲気があまり好きではない。だってもし、落ちてたらはずかしいから。

 

打ち解けるグループをよこめに韋駄天のごとき早足でさっそうと面接会場をあとにした。やれやれ。

 

えーとそれで時間があったのでBOOKOFFに行き、『BRUTUS』の服を特集してるバックナンバーを買いあさったりしました。暇人かよ。

 

大学にいく用の定期がきれてしまってもう俺もぶちぎれそうです。いなかものが東京にでるには電車賃ってたかい。お足がどんどんとんでいく。金は天下のマーライオンって言うからね。

 

高校生の会話を盗み聞き

 

面接でつかれたから普通電車にのって帰ろうと思ったんですよ。買った『BRUTUS』を読みながらのんびりと。でも途中で乗ってきた高校生の男女二人組の会話がきになって文字に集中できないんすよね。

 

おい、うるせえな。と思ったんですけどせっかくなので会話を盗み聞きすることにしました。この突発的会話盗み聞き症候群が発症したらもうとまらないですね。

 

男女二人組だったのですが、典型的なイケイケ女子と地味ーズ男子って感じで両極端のキャラの二人がどうして二人っきりでなかよく一緒に帰ってるのかを、考えると不思議ですね。

 

最初はつきあってるのかなーと思ったんですが、会話からは付き合ってるのかどうかわかりませんでした。

 

一方的にはなしまくるイケイケ女子、ときどき相槌をうつ地味ーズ男子。あまずっぱいなあ。

 

「映画館にいったらいつも何飲む?」「さいきん○○が女子たちに見境なく猛アタックしててドン引きされてる」「宿題ちゃんとやってる?」「身長がのびなくて困る」

 

会話を聞きながらただただ「懐かしい&うらやましい」とぼんやり思ってたけど、こんな盗み聞きされてると知ったら不気味に思われるだろうね。

 

きぶんはすっかりノスタル爺。電車からきれいな夕焼けをみてセンチメンタルに。

 

これで、内定さえあればもっと完璧なんだけれど。