コンテンツ化された苦悩

2ヶ月で仕事をやめる(そして人生は続く)

やる気のない大学生が就職したらどうなるかのドキュメンタリーです

機械オンチのワタクシがブログをいじくり回してみた

 ひとことで言うとめんどうくさかったです。

こんなめんどくさい思いをするならブログなんてはじめなければよかった。

いや、生まれてこなければよかった。そんくらいたいへんな作業でした。

 

具体的にやったことはテーマを変更して、それをスマホと連動できるように設定しなおしたりしました。具体的なやり方は自分でしらべてください。若い時の苦労は買ってでもしろって言いますし。

 
ずぶの素人でもおっかなびっくり手を加えていくうちにいろいろと、気になるところとかでてきますね。前は初期設定のままでもシンプルでいいじゃない、と思っていましたがここ最近になってようやく「見やすさって大事」だなあ、とか気づきました。遅いか。
 
結局のところ、ブログなんて書いてあることよりも「分かりやすさ、見やすさ」がモノを言うんですよ。「俺の文章力でもって一発はてなにぶちかますかー」じゃだめなんです。それは不細工な男が「俺のトークスキルならナンパ余裕っす」ってフカしてるのと同じくらい無理がある。
 
ブログは顔面と違っていくらでもカスタマイズできますから。(顔面もカスタマイズできるっちゃできるか)それを有効に活用してひとりでも多くのひとに見てもらえるように工夫するのが大事。
 
とか知ったような口きいてるけどこのブログのアクセス数毎日5くらいなんだよなコレ。
 

デザイン変えたことでアクセス数に変動あるのかは来週以降のおたのしみですな。

あとはタイトルとか説明文のフォントも大きくしてみようかな。思いついたらすぐ行動ですよ。ブログ道は阿修羅道、適応できないやつから死んでいくのです。
 
そういやこのブログのタイトルも説明文も2秒でおもいついた適当なやつなのでもっといいのをつければ良かったといまさら後悔してみたり。とくに就職活動うまくいってない大学生のネガティブ感を表現できたらいいなと思ってつけたのだが。ブログの説明文もニーチェが言っていた言葉のパクリだし。
 
このブログのなかで俺のオリジナリティを発揮するべき部分はどこだ。(自問自答)
「お金欲しい、お金欲しい」連呼するのも、はてなのブログのなかではありふれていると知って戦慄みたいなの走ったもん。
 
とりあえず、来月からは忙しくなるのでブログこれまでみたいに更新できるかわかりませんが、更新できたらたぶんほぼ愚痴になると思います。思います、っていうか愚痴になります。決定。
 
なんで忙しくなるのか、それはこのブログを読み続けた人だけに明かします…
 
こういう安易な方法で人がきたらいいのだけれど。
 
 
 
 
 
 

「とにかくね、生きているのだからインチキをっているのに違いないのさ。」

太宰治

 

 

斜陽 他1篇 (岩波文庫)

斜陽 他1篇 (岩波文庫)