コンテンツ化された苦悩

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンテンツ化された苦悩

「お前がブログを覗くとき、ブログもまたお前を覗いているのだ」

祝50記事!ということについて 「或いはプロブロガーへの道」

 

これでようやく50記事か、飽きっぽい俺にしては続いたほうです。

「最近、リアルが忙しくて~」っていうとバカみたいだけど、本当にリアルが忙しい。

もともと器用な性格じゃないのでたくさんのやらなきゃいけないことがいっせいに襲い掛かってくると、脳がフリーズしてしまう。こんなんで就活できんのかな。してないけど。

 

就活を2か月間休むことにしました。

これはこの2か月間を本気でプロブロガー目指すための修行期間として過ごすためです。修行するぞ修行するぞ修行するぞ。とりあえず直近の目標として1日100PVを目指します。冗談だと思いますか?まあ見ていてください。ここ最近はてなではプロブロガー目指す人たたかれがちですけど、俺はちゃんとしたツメアトを残すつもりです。

 

 

山路やまみちを登りながら、こう考えた。
 に働けばかどが立つ。じょうさおさせば流される。意地をとおせば窮屈きゅうくつだ。とかくに人の世は住みにくい。
 住みにくさがこうじると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいとさとった時、詩が生れて、が出来る。
 人の世を作ったものは神でもなければ鬼でもない。やはり向う三軒両隣りょうどなりにちらちらするただの人である。ただの人が作った人の世が住みにくいからとて、越す国はあるまい。あれば人でなしの国へ行くばかりだ。人でなしの国は人の世よりもなお住みにくかろう。
 越す事のならぬ世が住みにくければ、住みにくい所をどれほどか、寛容くつろげて、つかの命を、束の間でも住みよくせねばならぬ。ここに詩人という天職が出来て、ここに画家という使命がくだる。あらゆる芸術の士は人の世を長閑のどかにし、人の心を豊かにするがゆえたっとい。

 

夏目漱石草枕

 

で、このブログのデザインとかシステムにもいろいろ改良を加えていく予定であります。ただ小生、生粋の機械音痴につきはやくも挫折しそう。トップページのカテゴリ別のメニューを作るだけで深夜3時くらいまでかかってしまった。読者のために深夜3時まで頑張るおとこですよ。俺。でもブログの改良って大変な反面ちょっとやりがいがあっていいですね。もっと見やすいブログになればアクセス数も増えるはず。

 

100記事いくまでに1日100PV達成できたらいいのに。きりがいいし。

とにかく就活を休んだからには結果だします。打倒イケダハヤト。

 

 

見込み客が増える 儲かるブログの書き方講座

見込み客が増える 儲かるブログの書き方講座