コンテンツ化された苦悩

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就職したぼくが仕事をやめるまで

やる気のない大学生が就職したらどうなるかのドキュメンタリーです

名画座を100倍楽しむためのライフハック10選

田舎者の中にはそもそも名画座って何か分からない人も多いんじゃないでしょうか。俺も東京の大学通ってるからたまたま行くようになっただけで高校生の時は知らなかったし。

名画座 - Wikipedia

名画座で優雅な時間を過ごすのははシティボーイの特権。今回の記事はまだ名画座に行ったことがない田舎者のために、名画座を100倍楽しむためのライフハックを紹介していこうと思います。

 

①東京に引っ越そう

まず田舎者は東京に引っ越してください。名画座ってなぜかは分からないけど東京以外にはほとんどありません。(この記事での名画座はミニシアターのことではなく2本立て上映してる映画館のことです)名画座を楽しむには東京に住むことが絶対条件になります。田舎に住んでいる人はあきらめてください。

 

②映画に詳しい異性の知り合いを誘おう

ちゃんと東京に引っ越しましたか?次は誰と観にいくべきかを教えます。名画座を楽しむのに最適な人物は映画好きの異性です。「名画座行ってみたいんだよね~」と下手に出れば映画好きな人があっさり釣れます。釣れなかったら一人で行くことになります。一人で名画座に行くと一本目が終わった後の幕間の時間に暇をすることになります。映画好きは教えたがりが多いので、相手の好みに合わせたプログラムを見つけてくれるはずです。(当然のことですが東京在住の人を誘うこと)

 

③おにぎりを買おう

名画座にはポップコーンではなくおにぎりとお茶がよく合います。いっしょに来てくれた人の分も買ってあげましょう。株があがります。

 

④フライヤーを確かめよう

早く着きすぎてしまって待つことになったとき、普通に座って待っていると劇場の音が漏れてきてネタバレになることがあります。(名画座は壁が薄いのです)なるべく気をそらすためにフライヤーを見に行きましょう(ポテトを揚げる機械ではないですよ(笑)田舎者はよく間違えます)デザインがオシャレなフライヤーを家に持って帰って自分の部屋に張ったり、運が良ければ「次はこれ見に行かない?」と次回の約束をとりつけるきっかけになります。

 

⑤適切な座席を探そう

名画座で気をつけるべき一番のポイントは座席の位置といっても過言ではありません。劇場によってスクリーンと座席の角度が違うので、慎重に選びましょう。(見上げるタイプと見下げるタイプがあります)どの位置からが見やすいのか、また一緒に来た人の身長も考慮して納得のいく座席を探してください。また、1本目観終わった後に座席を変えると首の疲れが軽減します。

 

⑥寝よう

名画座はよく寝れます。眠かったら寝てください。ただし、いびきをかいたら周りの人に殴られます。

 

⑦菓子パンを食べよう

名画座は売店に菓子パンが売ってることが多いです。2本立ては体力勝負。1本目の映画を観終わって少し疲れたと思ったら糖分補給すると2本目の映画を集中して鑑賞できます。当然のことですが一緒に来た人の分も買いましょう。誘った側のマナーです。

 

⑧うんちくたれよう

映画が終わった後は調べてきた映画トリビアで会話を盛り上げましょう。うまく知的さをアピールできれば、恋愛関係に発展するかもしれません。例「ねえ知ってる?モーガン・フリーマンの伸長は189センチなんだよ」

 

⑨映画に出てきた食べ物を食べよう

名画座を出た後はごはんに誘うチャンスです。特に『パルプ・フィクション』観た後なんかマックシェイクを飲むといつもの倍おいしく感じます。食事シーンのない映画のときはあきらめて帰りましょう。(『ソイレントグリーン』を観た後に人肉を食べる必要はありません)

 

⑩感想を調べよう

家に帰ったら今日観た映画の感想をネットで調べましょう。気の利いたことを書いてる人がいたら、コピペして一緒に観にいった人に送りつけましょう。知的さをアピールすることができます。

 

以上です。素敵な名画座生活を楽しんでください。