コンテンツ化された苦悩

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンテンツ化された苦悩

「お前がブログを覗くとき、ブログもまたお前を覗いているのだ」

十字路で悪魔と契約したら面白いブログを書けるようになった

ブログ

魂と引き換えに。

書ける書けるぞ。

これで俺は最強。

 

ということが起きたらいいのに。さて今日は何をしていたかというと大学の半期分の学費を納入してきた。4年だから授業ほとんどないのに授業料きっちり取るんだ、て思った。ウシジマくんみたい。大学生くん編だわ。卒論の指導教授を決めた。その他には就活として一次面接に行きました。おおついに就活を、と思われるかもしれないですけど。でも全然手ごたえがなかった。やっぱり初対面のおじさんに自分の強みをさらけ出すのってむずかしい。緊張のあまり手汗がすごかった。どのくらいすごかったかというと加藤鷹が手マンした後の手みたいにびしょびしょでした。アクセス数少ないからと言って好き勝手に下ネタを書き始めたらおしまいな気がする。人間として。あと声もめっちゃ震えた。むしろ震えというよりビブラートがかかっていてよかった。緊張すると早口になってしまう癖を治したい。露骨にしゃべり下手のヲタクみたいなしゃべり方になってしまって恥ずかしい。今日も面接でヲタク特有の早口でまくしたてる感じでしゃべっていて、それを俺が脳内で冷静に客観視していてもう地獄。「なんでこんな緊張してんの。お前って恥ずかしーやつだな」

 

結果が知らされるのがゴールデンウィーク明けとのことだけど、遅いよ。企業での面接っていうのは告白と一緒なんだから、できれば早めに合否を教えてほしいものである。そうやって間を持たせられるとトキメキが止まらないというか、落ちた時の落差がやばいことになりそう。落とすのならさっさと「あんたなんかそもそも恋愛対象としてみてないから」とばっさり振ってほしい。そうしてようやく気持ちを切り替えて次の恋(面接)に進めるのだから。面接通過してるのか不明のまま他の企業の選考に参加するのは、なんとなく浮気をしているようで後ろめたい。ようするに心優しすぎるんだな俺ってば。他の就活生なんて超ビッチ。おまえ何人同時にキープしてんだよ。あっちに告白してこっちに告白して。OKもらった人何人も囲ってよう。お前みたいなやつがサークル内で恋愛関係のもめ事勃発させてみんなから嫌われんだよ。と根も葉もない恨み爆発させてしまいそう。でも就活ってそういうもんだよな。一つずつ会社受けて結果待って、ってやっていたら絶対に内定もらえない気がする。

 

基本的に俺はなんの才能も能力も持ち合わせていないのに、「俺は他人より頭いいはずだ」という根拠のない万能感があるからタチが悪い。