コンテンツ化された苦悩

2ヶ月で仕事をやめる(そして人生は続く)

やる気のない大学生が就職したらどうなるかのドキュメンタリーです

「あんた、人生舐めてない?」と脳内で声が

はい、舐めてます。そりゃあもうベロベロとアイスクリームのごとく。就活始まったのは3月からだけど、スタートダッシュし損ねたっていうか、そもそも人生の競争じゃ開始のピストルの音聞こえないし、位置にすらついておらず、ひたすら家でごろ寝してただけだったこの1ヶ月半。あ、その中で就活カバンなくすという大チョンボかましてるんだ俺、あはは。で、おとといの会社説明会で「シューカツセイノゲンジョウ」というものを見せつけられて目がつぶれそう。もっと真面目にエントリーしなくちゃと思ったのだけれど、思ったのだけれどっ!!こうしてブログ更新してる時点でお察しだよなあ。だいたいの大企業は4月の頭にエントリーシートの〆切を設けてる。受けたかったはずのあの会社も、この会社も、その会社も〆切られてしまったのだ。俺が布団の中でぬくぬくと夢を見ている間に。諸行無常。みんな就活頑張るわけだよそりゃあ。だってこの時期に就活をサボると入りたい会社に入れなくなるってことなんだもん。つまりこうしている将来の可能性が日々狭まっている。夏休み始まって1週間でアサガオ枯らすような、或いは8月31日に慌てて絵日記書き始める系小学生だったあの頃から精神構造が何にも変わってない。でもここでめんどくさがってしまったら、この先40年くらいもっとめんどくさい仕事に就かないといけなくなるかもしれない。もし俺が企業の人事だったらこんなにグダグダと就活についての愚痴を垂れ流すようなやつに内定あげるわけがない。とりあえず、今の俺にできることといったらエントリーシート書く以前に、昼近くまで毎日二度寝するのをやめることだ。まずはそれから始めよう。他の就活生と1日のうちに4時間くらい活動時間に差があるっておかしい。夜ふかしやめて早寝早起き。これを徹底せねば明日はない。もし明日も二度寝してしまったら殴ってくれ、鈍器で。そうすれば幸せな生活が待っているはずなんだ。もしくは、このブログのアフィリエイトで生活できるようになれば、就活しなくていいのに。ねえ、このブログを読んでいるそこのあなた。俺だって別に就活もせず日がなゴロゴロしたくてこんな生活を送っているのではないのですよ。俺だって就活できるものならしてますよ。でもね、どうしたって身体から人生における前向きなエネルギーが湧いてこないのです。これはいったいどうしたものでしょうか。もし、もしですよ仮にあなたが現金をですね、この私にくださったら、そのー、もっと頑張れるかもしれませんね。(タイトルに戻る)